日本経済新聞に4日に掲載された漫画『月曜日のたわわ』の全面広告が、ネット上で物議を醸している。

 漫画家・比村奇石氏による本作。比村氏のツイッターアカウントで「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」という文言とともに発信されていたイラストが原作となっており、主人公は胸が大きな女子高生2016年2021年にはWebアニメ化もされている人気作品で、4日に第4巻が発売された。

 ​>>「黙って股開いて血を流して生きてみろ」漫画家が女性漫画家に暴言でドン引き 過激侮辱の背景に“連載打ち切り”か<<​​​

 日経新聞に掲載されたのは、制服姿の主人公女子高生が振り返った瞬間を描いたイラストの全面広告。「今週も、素敵な一週間になりますように」などと記されていた。

 しかし、広告掲載後、ネット上からは「時代錯誤すぎる」「日経新聞なのに男にだけ元気になってもらいたいの?」「ターゲット層じゃない人が普段触れない情報が、公共的媒体により拒む人にまで届いてしまうことは十分問題」「多くの人が目にする大手新聞にこの広告はないでしょ…」「女子高生を性的に見てる漫画広告が日経新聞に出るのはどうなの?」といった批判の声が噴出する事態に。

 本作の広告が日経新聞に掲載されたことを報じているニュースサイトの公式ツイッターなどにさまざまな声が集まり、炎上状態となっている。

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

やっぱりか・・・





いや、批判・・・?SNSでトレンドになっていて、もっともRT数多いのは批判者に対する批判ないし、批判に対する時代錯誤指摘だったぞ。こういう”ネット上”ってのは”自分が贔屓にしている集団のみ”だったりして、世間的な一般論と同じとは限らないぞ。もう次は刀剣男子のグラビア全面広告やってくれ。そしたらどういう反応するか実に興味深い。別に長谷部さんを見たい訳じゃない(


刀剣もうなかったっけ?全面はないか


批判の声が(フェミニストから)噴出する事態。(フェミニストが放火したので)炎上状態となっている。都合の悪いエビデンスは隠す!


女が出たらとりあえず燃やす。しょうもな。


広告は広告でしょ。それより広告主に左右される各メディアのほうが襟を正しなさい。


その後何故か謝罪を始めて、やはり二次元は悪!となるまでがセット


グラビアに文句言わねえのにな。無視してていいよ、どうせ普段から買わねえだろ


Amazonレビューみたいに書き込んでる人が購入者か否か分かれば良いのに、とは思う。


第2弾は搾精病棟 全年齢版で広告を出そう


takuhatu>>数ある全年齢版エロゲの中でも屈指のパワーワード


”民意”や”国民の声”を使えなくなったマスコミが次に手を出したのが”ネットの声”


このご時世にすぐバレる嘘記事を書いて恥ずかしくはないのか?何がリアルライブだよ、フェイクライブに改名しろ。


日経新聞なんてそれこそ女が読んでる所みたことねぇぞ。何がターゲット層だ。買いも*ぇ奴らは黙ってな


性的に見てるのはお前定期


あ、時代錯誤のフェミさんが騒いで立って話ね。


絵やぞ


Twitterとか既に中華ソシャゲとか韓流エロマンガで溢れてるけど抗議しないの?日本人なら聞いてくれるけど外資は無視されるから?


日経新聞読む層は、ビジネスになるかならないかしか考えてないから、突っ込んでも大して手応えはないと思うよ。実際コロナで萌え株やオタク株は右肩上がりで250%とか行ってるし。SONYの大復活には感謝しかない。


ヒスに日経が屈して謝罪するに100ペソ賭ける。日本企業はクレーマーにアホほど弱いからわかるんだ