🚨中国から鶏肉違法輸入、中国籍の女逮捕 密輸し自身の店で販売


中国から鶏肉違法輸入、中国籍の女逮捕 密輸し自身の店で販売
 鳥インフルエンザなどの家畜伝染病を防ぐため、中国からの輸入が禁止されている鶏肉のソーセージなどを違法に輸入したとして、家畜伝染病予防法違反の疑いで中国籍の女が逮捕されました。

 逮捕されたのは、中国籍の郭艶紅容疑者(50)です。

 警察によりますと、郭容疑者は昨年10月から、約1か月の間に計3回、国際郵便を使って、家畜伝染病を予防するため、農林水産省が中国からの輸入を禁止している鶏肉のソーセージなど約11.5kgを違法に輸入した疑いです。

 郭容疑者は、他にも中国からの輸入が禁止されている豚類などの加工品も密輸していたとみられ、輸入した商品は自身の店で販売していました。調べに「相手から送られてきたものを販売していただけで私は注文していない」と容疑を否認しています。

 違法な輸入品の水際対策に取り組むのが、農林水産省の動物検疫所です。

 動物検疫所・関西空港支所は、大阪国際郵便局に届いた海外からの郵便物の中に、違法に輸入された肉や生き物が混じっていないか、検疫犬などを使って、荷物を一つひとつ点検しています。

 今回の事件も、動物検疫所での検疫で国際郵便で違法に輸入されそうになっていた肉を発見し、国内への流入を水際で食い止めました。

 動物検疫所・関西空港支所の大石明子次長は「海外で感染した肉製品が国内に持ち込まれると、万が一、処理が不十分な状態で残飯に混ざるなどし、それを食べた家畜が伝染病に感染することで病気が蔓延する恐れがある。日本には持って入れないことを再認識して頂いて、改めて海外から送らないようにしてほしい」として..

【日時】2023年01月25日 14:10
【ソース】読売テレビ
【関連掲示板】







#3 [匿名さん] :2023/01/26 05:36

>>0
柔ちゃんに似てて草🤣